卸販売開始!!
有機抹茶「利休楽」

「市中の山居(さんきょ)」

 

なんと今から約450年前、茶の湯の世界で流行った言葉だ。

 

千利休が言い出したのかどうかは分からないが、ポルトガルの宣教師が書いた本にも

 

「xichu no sankio」と書かれていることから、

 

このしゃれたコピーは流行語大賞だったことが分かる。

 

不思議である。車もテレビも工場もなく、騒音源というものがまったくない静かな時代なのに、

 

都会に住む人々はさらなる静寂を求めて、茶室に身を置きたかったのだ。

 

利休は何を思って、茶室にこもったのか?

 

それは拙著『軍師 千利休』を読んでいただくことにして、私は抹茶が好きだ。作法は我流。

 

早朝、起き掛けに湯を沸かして一日が始まる。

 

雨の日も、晴れの日も、嵐の日も、雪の日も、例外はない。

 

たんなる呑みモノではない。他のドリンクと同列視は不可能だ。

 

たとえばコーヒー、紅茶は本を読みながら、テレビを観ながら、パソコンを叩きながら、ミーティングをしながら、

 

いや歩きながらでさえも片手間に楽しめる。だが抹茶は別格だ。

 

少し冷ました湯を注ぐ。 この音だけで気が鎮まる。 茶筅を小刻みに動かす。

 

キメの細かい泡がふんわりと覆い立ったら茶筅を引き上げる。傍らに置く。気が付けば一つ一つに没頭する自分がいる。

 

呑むだんになっても、片手などありえない。両手で愛でるように器を包み、

 

決して目を反らすことはない。中身を覗き、味わうのは一口ずつ。集中力丸ごと抹茶に独占され、

 

滑らかな泡の舌触り・・・芳醇と豊穣のさざ波が立つ。 その時なにを感じるか?

 

不思議なことに無ではない。永遠に広がり続ける宇宙の辺境(へんきょう)。

 

もしくはもっと不思議なことに、逆に呑み込まれるようなブラックホールだ。

 

こうしてミステリアスな歴史の扉が開き、なにかがどんどん湧き起こり、予感一杯の執筆に誘(いざな)われる。

 

大天才利休も抹茶で育てられたと思えば、感慨もひとしおである。

緑の血

 

茶の湯の師匠はおしなべて健康、そして長寿だ。

 

統計をとったわけではないが、この故事は背筋がしゃんと伸び、御年99歳の裏千家15代、千宗室を見るまでもなく、加治の知る限り当たっている。

 

健康の秘訣は血流だ。血流が滞(とどこお)ると、細胞があっというまに衰退する。

 

有酸素運動で大量に体に血を回せば、細胞が甦って肌艶がよくなるのは自明の理。

 

だが肝心の血液が悪ければはじまらない。つまり活性酸素=毒にまみれた血液を末端の毛細血管に運ぶ、というマヌケになる。

 

厄介なことに活性酸素は、体内でドンドン発生するお尋ね者だ。

 

シワ、シミ、そしてアルツ、ガン・・・猛毒性については、いやというほどメディアが取り上げているので、みなさんの方が多くを知っており、ここで語らないが、天敵である。

 

抹茶の活性酸素の除去能力は高い。驚異的だとさえ語る研究家もいる。

 

加治も信じている。フラシボー効果かもしれないが朝の抹茶が、脳をクリアーにする実感は生半可(なまはんか)ではない。

 

以前、取材先に抹茶を忘れたことがある。習慣の逸脱が調子を狂わせたのか、それともほんとうに抹茶切れで脳の伝達物質が滞ったせいなのか、締め切りが近いというのに、ついぞ書く気分にならなかった。

 

それ以来、パッキングの一番乗りだ。

 

利休は、驚くべき頭脳、精神、肉体をもって大名を動かし、知られざる数々の偉業を成し遂げた大革命家だが、抹茶こそが創造の担い手であった。